物件は必ずチェックしよう

魅惑的な不動産投資も手違いがおきることがあります。

その理由は、たくさんの物件をチェックすることなしに、

デタラメに決断を下して購入契約を結んでしまうからです。

不動産投資のアパート経営と類似しているものとして

マンション経営をイメージされるかもしれませんが、

マンション経営という場合はマンションの一室毎に投資する

というやり方が主流だと言え、

アパート経営とは違ってきます。

賃貸経営に携わる際のメインの空室対策は、

入居条件の改善、

内装などの雰囲気をよくするリノベーション、

そしてセキュリティ関係の設備の刷新

などがあります。

ワンルームからでもいいということで、

容易に始めることができるマンション投資は、

若者にも中高年にも好感度が高いみたいです。

特に若い層では、老後への蓄えにするという意図で

マンションに投資する方もいます。

アパートなどで賃貸経営をする際は、

物件を取得した際の業者に管理をお願いするのが典型的ですが、

空室対策が十分為されていないというのであれば、

別の管理会社にすることをおすすめします。

不動産投資がよさそうに思えて資料請求を繰り返してみても、

ちっとも魅力的なものが現れないというのは珍しくないのです。

魅力を感じない物件が多いことは、

利回りをチェックすれば自ずと見えてくると思います。

様々な不動産投資の情報というものについては、

わざわざ情報商材を購入しなくても、

発信している人の身元が明確になっている企業や

個人投資家のサイトで確認できます。

危険な投資方法についても詳しく説明されているため、

それらを役立たせれば、

足を踏み入れたことがない人でも気軽に投資を始めることができます。

将来の生活を楽にするためにとチャレンジしたマンション投資だったはずが、

予想外にお荷物になることもあります。

利回り重視と言われますが、

実効性を考えれば借りてもらえることが肝心なのです。

賃貸による利益を目指す賃貸経営に目を向けると、

アパート経営・マンション経営等があるのはご存じかと思いますが、

これらの経営者として気に留めなければいけないものということでは、

空室対策があります。

家主側から見ると、

サブリース(一括借り上げ)は、

空室対策で頭を悩ます必要がないなどの利点がありますが、

保証される金額が安くなったり、

修繕したりリフォームしたりする時の費用は

オーナー側が負担する必要があるなどのリスクもあるということです。

不動産投資に役立つ資料請求をすれば、

「執拗に購入を促される」と考える人もいらっしゃるかも知れません。

現実には資料請求したぐらいでは、

営業スタッフも見込み客とは思わないものです。

不動産投資を始めるにあたって、

大概の人が手始めに行っている資料請求なのですが、

不動産会社の営業マンも決して脈のある客だと考えることはありませんので、

軽い気持ちで申し込んでみればいいと思います。

海外不動産投資に関しては、

キャピタルゲインで稼ぐものぐらいしかないだろう

と考えている方も多いようですが、

そういうわけでもなく、

家賃などによる利益がある不動産投資だってそれなりにあります。

不動産投資セミナーが人気ですが、

物件を扱う不動産投資会社が主催者として開いている場合がほとんどですから、

その会社が管理している物件の入居率について探ってみるのも、

参加する価値のあるセミナーかどうかを予測する材料となるでしょう。

「一括借り上げ」において問題が持ち上がりやすいのは、

「一括借り上げ」というシステムが

当事者同士がどちらも事業者の契約ということですので、

大家は弱者である消費者とは見なされないということと、

宅地建物取引業法の売買契約には相当しないので、

重要事項説明が不要であることが原因でしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

築54年でも1ヶ月で売れる物件

不動産投資の特性としては、

素晴らしい物件との巡り合いも大切なのですが、

経験のある担当者と親しくなることもとても大切ですね。

資料請求も素晴らしい営業マンを見つけるための実効性のある方法です。

投資専門の不動産関連業者が企画・運営する、

不動産投資セミナーが開かれる機会が多く、

その殆どが参加費無料で受けることができます。

毎回参加者も多く、不動産投資の人気のほどが分かります。

家主にとって、サブリース(一括借り上げ)は、

空室対策を考えなくても良いなどのメリットに注目しがちですが、

家賃が同じ金額で続くわけではないとか、リフォームする際の費用は、

オーナー側がすべて捻出しなければいけないなどのマイナス面もあります。

家賃で稼ぐ不動産投資においては、

物件の値打ちを吟味する際に、

利回りという数字を注視するのが通例ですが、

表面利回りと示されているものは、

年間で想定される家賃収入を購入価格で除したものです。

マンション経営を行なうべきかどうかの判断に、

年間利益を投資額で割って得られる利回りがよく用いられますが、

地方の物件と都心部の物件を、

利回りという指標だけで比較することはお勧めできません。

需要があまり増えそうにない地方では、

なかなか入ってくれる人がいないというリスクが高く、

健全なマンション経営へのハードルは高いです。

しかし、地方でも、人気のある駅や主要駅から徒歩数分など、

立地をしっかり選べばそのようなリスクは限りなく低くなります。

マンション投資は、

価格が低めで利回りが高くなる中古物件が注目を集めていますが、

中古でも新築でも、最寄り駅まで10分もかからないような、

便利な場所のものを選ぶことが必要です。

ちなみに、先日、名古屋の栄駅から徒歩3分という好立地に、

築54年の物件を所有している友人が、

売り出して1ヶ月でスピード売却し900万の売却益を得たと言っていました。

その話に興味を惹かれ、色々とネットで情報を漁っていたら、

不動産一括査定サービスなるものがあることを知りました。

【こんなに高く売れた!】 名古屋の不動産売却 | 成功の法則

便利ですね、、、このサービス。

物件売却の際は、ぜひ使ってみようと思います。

ちなみに、収益物件は、住む家としてのものばかりではありません。

目的別に見ると、オフィスに最適化されている収益物件も多々見られますし、

ショップに向いたものとか倉庫や工場にぴったりの収益物件も稀ではありません。

不動産投資のおすすめポイントを1個あげるということになると、

ズバリ言って安全性のある投資であるということになると思います。

不動産投資とは何かと言うと、

家賃から返済額を差し引いた利益を得るだけの単純明快なものなのです。

大家さんなどの賃貸経営に携わっている人の大部分は、

入居者募集やら退去時の精算等の手続き、

加えて点検や修繕といった管理業務に関して、

不動産会社などに外注していると聞きます。

不動産投資の収益のことを検討している際に、

重視されるのは表面利回りであると考えられますが、

コストなどを計算に組み入れる実質利回りと異なって、

表面利回りだと値打ちのある物件かどうかをきちんと知ることは無理です。

不動産投資においては、

その物件でどれだけ稼げるかを念を入れて調査するのが当たり前ですが、

そういった場合にたくさんの人がまず見るのが、

利回りという数値であるようです。

マンション経営は普通の人には無縁のものと捉えられがちですが、

アパート経営をするようなものとは違い、

1つの建物全部を収益物件であるという風に考え投資するわけではなく、

マンションにいくつかある部屋のうちの1つで、

収益を上げようという不動産投資だと言えるでしょう。

賃貸経営での悩みの種となる空室対策は、

管理会社の人たちとその不動産の所有者である大家が意見を出し合いますが、

工事費用を払わなければならないとしても、

室内のリフォームが空室対策には最も有効だと考えます。

賃貸経営に伴うメインの空室対策は、

入居条件の軽減、部屋の内装の雰囲気を変えることができるリノベーションや、

キッチン設備のクオリティーアップ化などがあります。

首都圏が中心にはなるものの、不動産投資セミナーはかなり人気です。

基本的にアパート経営などの不動産投資はリスクが小さく、

ヤングの考え方に通じるのだと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

投資エリアの選定

海外不動産投資は大いに好奇心がそそられますが、

投資の対象である物件の所在する国の国内法であるとか、

独特の取引の仕方といったものをきちんと了解しておくことが必要で、

やはりかなりリスクのある投資だと思っています。

アパート経営の良い点はマンション投資によくある

「エリア特性に大きく影響されることがおおよそない」

ということだと言えますが、海外については、

法律、市場、慣習など、わからないことが多すぎて、

リスクマネジメントができないと思っています。

初心者が不動産投資するなら、やはり日本で考えるべきですね。

マンションの数自体がそれほど多くないローカル地方でも、

そこにある物件に投資することができます。

マンション投資の対象として、

低価格の中古物件の人気が高いですが、

何年前に建てられたものかはきちんと把握しなければなりません。

いわゆるRC構造で建てられていても、

60年からせいぜい80年ぐらいが寿命と考えられますから、

トータルでいくら儲けられるのかは築年数がポイントになります。

アパート経営は、金融投資もしくはFXなどと比べて低リスクで、

やり方をミスらなければ身を滅ぼすことがほぼ皆無の投資対象でしょう。

昨今、区分マンション投資をするサラリーマン大家さんが増えています。

入居者の募集や管理は、

不動産会社や管理会社に任せてしまうことができますから、

不動産賃貸経営はほぼ何もせず利益をあげるという夢をかなえてくれるので、

本業のあるサラリーマンには、もってこいの副業です。

ただ、区分マンションは、

購入時の初期投資を考えれば始めやすいかもしれませんが、

地方にある物件はおススメしません。

ご存知のように、日本では少子高齢化によって人口が減少しており、

今後ますます都心回帰の流れが進むことは明白の事実だからです。

投資エリアは、将来のリスクを踏まえて、

慎重に選ぶようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不動産投資で失敗しないための絶対条件

投資に安定した収益を求めるなら、

不動産投資はおすすめです。

物件を貸し出すことで毎月賃料収入を得ることができ、

部屋数が多いほどその金額も大きくなります。

株式投資などと違って価値の下落も少なく、

塩漬けになることもありません。

投資に関心はあるが何から始めればいいかわからない、

と思っている人に、

不動産投資は最も推奨できる投資法と言えます。

このように収益を得やすい不動産投資ですが、

気をつけるべき点もあります。

それが空室リスクと呼ばれるものです。

投資物件は借り手がいて初めて収入を得られるため、

空室では意味がありません。

マンションやアパートといった賃貸物件は他にも数多くあり、

ライバルが多い地域では空室が増える恐れもあります。

不動産投資で成功するには、

この空室リスクに上手に対処していくことです。

まず保有する物件については、

借り手が多く付きやすいかどうかを重視します。

例えば、駅に近い場所にある物件は利便性に優れているため、

多くの借り手が予想できます。

近くに大学などの教育機関がある物件も、

学生さんによる利用が期待できます。

逆に街から離れた過疎地では、

それほど借りる人もいません。

空室リスクを抑えるために、

地域の状況などを充分に検討し、

借りる人が多そうな地域の物件を選ぶ。

少子高齢化で都心回帰が進んでいる今の日本において、

不動産投資で失敗しないための絶対条件ですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ストック(資産)の考え方

資産を増やす方法、世の中にはたくさんありますね。

私は、ネットビジネスでキャッシュを貯めて、

貯めたキャッシュで、不動産や投資信託などのファンドを購入しています。

ここで重要なのが、フロー(現金)とストック(資産)の考え方です。

極端に言えば、ストックは何もしないでもお金を稼いでくれるものになります。

なので、持ち家や車はストックではありませんが、同じ不動産や車でも、

賃貸に出していたり、カーシェアリング用に貸したりしていれば、

それはストックとなります。

私は、常に、

いかにストックを増やしていくか、

ということにフォーカスして投資しています。

不動産は、不動産自体に担保価値があるので、

手持ちの現金が無くても(少なくても)、担保価値のある物件であれば、

金融機関が融資してくれる、数少ない投資対象です。

株や投資信託を購入したいので、って言っても、

銀行はお金を貸してくれません。

つまり、人のお金(銀行のお金)で自分のストック(資産)を築けるわけです。

私の所有している不動産も、ほぼフルローンで購入しているので、

ROI (Return On Investment, 投資収益率) は非常に高いです。

引き続き、愚直に資産を増やしていきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする